スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラン戦においての強さ

タイトルのまんまですが。クラン戦においての強さとは何かについて持論を展開していきたいと思います。


えっ?って思うかもしれませんがお金の使い方。


短い間ですが、少しクランを色々と渡り歩いています。


どうしても上位クランに勝てないクランや上位クランに勝つクランは何が違うのか。


感じたことは一つ。


お金の使い方が弱いところは出来ていない。


例えば、AWPを買うとしますよね?
それなのに、サブ弾薬まできっちりとフルで入っていたりします。

AWPの1マガジンは$125です。確かねw


それを3つも買えば投げものが変えてしまう。


もったいない。


$34でテロだったんですが。

私が買えないといえば


「は?それだけあれば買えるだろ。」


いや、確かに武器は買えますが投げものが買えません。


自分的に
投げもの>武器 なんです。

投げものがあれば、HEでも敵を吹っ飛ばせられて殺せるかもしれない。
もしくは、FBさえあれば優位に試合を楽に持っていけるでしょう。
SGを焚いてAWPの脅威から逃げられるかもしれない。


基本、CTは出待ちですよね。それなのに、茫然と武器を構えていけば相手の方がコンマ何秒速いのは目に見えています。


不利なところをFBを入れて突破していくことが何よりも大切だと思います。



二つ目は、不利なところで戦う。


例えば、TR時Aトンからロングの角に敵がいたとします。

2,3発撃って逃げればいいものを撃ち続けてしまうんですね。

そこでフォローとか言われてもどうすることもできません。

たとえ、皆でいってもAトンで撃ってる味方のFFを食らうのは目に見えてます。


CTにしろ、TRにしろ、どこの陣地は不利でどこの陣地で戦うのが有利なのかクラン戦するメンバーは
そのことを共有しておいた方がより強いクランになると思います。


または、敵をどこで倒すか。相手が引いた場合の算段は

など。

例えば、相手がTRのとき、A坂(スロープ)でこっちショートの敵を出待ちしているとします。

相手はショートまで来てしまえばどこにも隠れる処はありません。
無理してでも引かずにやるべきだと思います。

逆に、TRはその不利陣地をいかに投げものを駆使していくかだと思います。


三つめは、やはり投げものですね。


投げものが出来ていないクランはやはり弱いです。
上記に書いたように投げものがなければ不利陣地を突破できません。

CAT2段されてる時、投げものなしではただの犬死です。

ただ単に死んでしまっては意味がないと思います。

意味ある死を心がけましょう。


4つ目は、やはり立ち回りというか指揮官ですよね。


適当に考えもなく行く。
もちろん、後ろのメンバーどう行くのがさっぱりですよね。

指揮官がいるかいないかはとても重要だと思います。

しかし、縛りすぎるのも動きがぎこちなくなるだけ。
難しいと思います。

私も指揮官としてクラン戦をASUKAで率いていました。

そのせいで、負けたことが何度あることやら。

ただ、指揮官の言うことは絶対じゃないと動きが完全にグダグダです。


クラン戦なんて陣取りゲームというよりチェスかなぁとか思ったりしています。


最後はやはりAIM力ですよね。


なんだかんだ言っても、敵を殺すことが出来るのはほとんど武器です。

これは、やはりBOTで頑張るしかないでしょう。


賛否両論あると思いますが、持論は終わりです。


私個人とてもnoobで、気まぐれな性格です。
多めに見てやってください。

短いながらクランを渡り歩いての経験です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

要するにお金の使い方なんだね…
あとは無論というかなんというか、
チーム内の纏まりってわけか…
プロフィール

クライゼン

Author:クライゼン
CSO設定

CSOname:クライゼン Secret二種
Clan:CSSS
Resolusion :640x480
Sensitivity :2.4
zoom_sensitivity_ratio:0.97
m_filter:off
CrossHair Size :Large
CrossHair Color :light blue
Mouse:Razer Deathadder 3500

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。